CRAFT-CAR

BMW8シリーズグランクーペ
KYOTO EDITION.

漆芸で装飾されたセンタートリム

ドイツと日本の技と感性。崇高なケミストリーが生み出す、BMW JAPAN限定車。

BMW M850i xDrive グランクーペをベースに日本の美意識にインスパイアされ、 誕生したBMW 8シリーズ グランクーペ「KYOTO EDITION」の開発をサポートいたしました。

BMWのスローガン「駆けぬける歓び」からインスパイアされ、漆芸家 岡田紫峰氏によって、 センターコンソールとリアのインテリアトリムに伝統的なモチーフ「束熨斗(たばねのし)」をあしらいました。 延寿の象徴とされる熨斗を束ねた伝統文様で華やかさを演出します。 風にたなびく美しいその様に、オーナー様の末長い発展と幸福を。

ボディカラーは、日本の伝統色「群青」の原料でもあるアズライト(藍銅鉱)という宝石のようなブルーの煌めきを秘めたダーク・ブラック。 専用アクセサリーとして、漆芸家 岡田紫峰氏作・蒔絵螺鈿細工の専用キー・トレイ と西陣織老舗 加納幸作・アルカンターラを織込んだテキスタイルを用いたクッションが付属。

こちらも併せてご覧ください。BMW JAPAN公式サイト
https://www.bmw.co.jp/ja/newcar/2020/bmw-8-series-kyoto-edition.html
  • 漆芸で装飾されたセンタートリム
  • 特注のキートレイ
  • 漆芸の製作の様子
  • 特注のクッション
  • 後部座席から見るセンタートリム
  • BMW8シリーズ グランクーペ