CRAFT-CAR

BMW M850i xDrive Gran Coupé
Japanese Lacquerware Art

漆芸で装飾されたセンタートリム

有機的な自然素材の「美」

センターコンソール・リアコンソールを桜と紅葉をモチーフに蒔絵・螺鈿で装飾。四季の移り変わりの趣を感じさせる古典柄が、現代のプロダクトと融合します。平蒔絵と高蒔絵を組み合わせることで生まれる遠近感、美しく輝く螺鈿は繊細でありながら、力強く、見るものを魅了します。シンプルな空間に際立つ有機的な自然素材の美しさは、車に乗るよろこびを一層深めてくれます。

漆芸家 服部一齋
1975年に京都に生まれる。1998年に国立高岡短期大学専攻科(現富山大学芸術文化学科)を卒業し、1998年に宮崎木材工業株式会社に入社。2001年に服部峻昇に指示し、2018年に独立。2019年に工芸美術日工会展日工会賞受賞。全関西美術展第一席を受賞。
  • 漆芸で装飾されたセンタートリム
  • 特注のキートレイ
  • 漆芸の製作の様子
  • 特注のクッション
  • 後部座席から見るセンタートリム
  • BMW8シリーズ グランクーペ