虜になる瞬間-香りのいろいろ vol.2-

心遣いの香り

文:田中三貴

田中三貴
アロマテラピスト・調香師として1998年から京都で活躍。香りで「ことば」を表現するという独自の方法を用いる。花柳界を中心に歌舞伎・芸能界などの方々に支持され、オリジナルのフレグランスを提供。

線香

追風用意―
古典にもたびたび出てくる香りを表す言葉である。「追風」とは「衣服に焚きしめられた薫香の匂いを伝える風」つまりは、通り過ぎた後に漂う匂いである。「用意」とは、配慮、心遣い、嗜み。人とすれ違ったときあとから風に乗って仄かな香りが漂うよう、あらかじめ衣服に香りを焚きしめておく、自分の去った後の香りにまで配慮をしておくという、細やかな心遣いである。

香りを焚きしめるのは衣類だけではなく、紙に香りを焚きしめることも貴族階級には重要な用意であった。というのも、平安時代の男女の付き合いはまず、恋文からはじまるからだ。したためられた文は、目当ての姫君のもとへ届くまでに、乳母によって封を開かれ品定めが行われた。紙の種類や、添える心葉(こころば・梅や藤などの折枝)の趣味、文字の筋、和歌の腕前、そして、紙に焚きしめられた薫物の香りなどから姫君にふさわしい男性であるかを厳しくチェックされる。貴族はめったに顔を見せない時代であるからこそ、焚きしめられた香りには品格や教養をあらわすという大切な役割があり、自分をアピールする最大の手段であった。夜の闇に身を過ごしていた貴族人はこの漂い流れる薫物の香から通り過ぎゆく人の正体を嗅ぎあて、すれ違いざまの芳香に「ああ、あの方であったか…」と気づく。そして、その一瞬のために、前もって衣類に香りを焚きしめて用意をしている。また、文を交わす男女の間で行われていた思いを伝える慣習に過ぎないのかもしれないが、見えない相手の気持ちを想像し、季節の花を添えて、自分の香りを焚きしめる。その封を開いた瞬間にふわっと広がる香りによって心豊かになる人のために、前もって紙に香りを焚きしめて用意をしている。これ見よがしに香りを漂わすのではなく、相手に気づかれないようにもてなしをする貴族人の香りの美学である。

香りの在り方とは、時には温かい人間味を感じさせる、時には凛とした気品によって人間関係に節度をもたらす、ただ単純に香りをふりまくのではなく、追風用意により、自分へも安らぎを与え、周囲の人の心を和ませ包み込む。たとえ特別な香りを纏っていなくても人が去った後には、香りだけではなくさまざまな余韻が残る。その人となりをあらわすような、優しい笑顔や爽やかな態度、気遣いのことばなどの、心地よい追風である。残り香や移り香で見えない相手をもてなす、なんとも奥ゆかしく優雅な、日本人の心遣いを表す文化ではなかろうか。

追風用意は、香害が騒がれだした現代が大切にするべき香りの楽しみ方であり、周囲へのエチケットだと思う。車や特別な空間に焚きしめられた香りの中で心豊かに時を過ごしたのち、身に纏った香りとともに心の「追風用意」ができるよう日々を過ごしたいものである。
 

虜になる瞬間-香りのいろいろ vol.1-

香りを嗜む

文:田中三貴 写真提供:松栄堂 松寿文庫

田中三貴
アロマテラピスト・調香師として1998年から京都で活躍。香りで「ことば」を表現するという独自の方法を用いる。花柳界を中心に歌舞伎・芸能界などの方々に支持され、オリジナルのフレグランスを提供。

香炉

香りというものが日常にありふれたあたりまえのものとして存在するいま、「香りを嗜む」という表現をすることはほとんどない。 現代に生きる私たちは1週間を普通に暮らすだけで、およそ2000種類もの香りを嗅いでいるといわれている。日本人は昔から季節の移り変わりを敏感に感じ、旬の食べ物や四季折々の草花の香りを好むというところから、香りを愛する国民性と思われがちだが、歴史的には海外から入ってくる強い香りの受容は避ける傾向にあり、ほのかで爽やかな芳香を多用する。多くの香りに出会うわりには嗜むような個性豊かで豊満な香りとの触れ合いには縁遠く、どちらかといえばニオイを消すための香りに出会う毎日なのだ。

10万人ともいわれる民がいた平安の都、貴族階級はそのうち1千人ほどであった。10万もの様々な生活臭から自分たちの生活空間を隔絶するために、重要な役割を果たしたのが「かおり」であった。 平安貴族は主に空間と、身に着ける衣に香りをたきしめ、外界からの悪臭や自身の体臭を芳香でごまかすことで高貴な香りの世界を確立していったのだ。芳香剤や消臭スプレーを多用する現代の私たちにも通ずるような香りの活用ではあるが、ひとつだけはっきりと異なる側面がある。それは、彼らにとって自分の放つ「かおり」が財力や教養、センスの良さを表す大切なツールでもあったということ。日が暮れると暗くなる宮中では放たれる「かおり」がその人を表すサインとなり、貴族は各々で独自に香料を調合してオリジナルの「かおり」を楽しんでいた。そんな背景もあり、 香料合わせの知識は彼らの教養のひとつして重要視され、優れたものは後世に引き継がれ洗練されたかおりとして現在も残されている。贅沢な「かおり」の世界はやがて各人のかおりの優劣を競う優雅な遊びを生みだし、高尚な趣味や上流階級の嗜みとして親しまれるようになったのだ。

悠久の時を隔てた都に生きた貴族のように、洗練されたかおりを嗜むライフスタルを受け継ぐのも悪くない。香りが溢れ、「かおり」が特別な存在となったいまこそ、お洒落でラグジュアリーな遊びのひとつとしてあなただけの空間をお気に入りの「かおり」で カスタマイズしてはいかがだろうか。